前へ
次へ

中国語の学習を行うテクニック、意識改革

中国語の学習に限らず、日本人が学ぶ英語などは、海外で通用しない話などもあるでしょう。その原因の中には、語学に対して、日本語を使って覚えようとするからです。一度、日本語に組み立ててからでないと、話せなくなり、そのロスが使い物にならなくさせています。中国語の学習は、イメージと語学のみで覚えていくのがポイントです。出来るだけ、日本語は扱わず、海外にいる状況を思い浮かべると良いでしょう。日本に訪れる外国人の中には、母国で日本語を勉強されていない人でも、来日した際に日本語を身に付けられている人も多くいるはずです。中国語の学習において、その日は日本語を一切控えるのも良いのではないでしょうか。言葉を話したい衝動は、記憶を強化させる働きもあり、効果を飛躍的に高まります。中国語の学習ではありませんが、ゲームは、必死で覚えなくても記憶されるものであり、ゲームをしている気持ちに立つのもお勧めです。まずは、最低限、日常生活に必要な事から覚えていくと良いでしょう。日常生活は、欲求も現れやすく、言葉を早く覚えられやすくなるためです。

Page Top