蜑阪∈
谺。縺ク

中国語の学習は、どの方言を学ぶべきか

中国語の学習には、方言があり、言葉に違いが存在します。
主に、北京語、広東語、上海語の3種類に分類されます。
中国語の学習における北京語は、東京で話す標準語と同じと思われがちですが、多少の違いがあるのです。
東京でも、若干、標準語とは違う話し方をされる言葉などもあるでしょう。
中国語の学習にも同じく、北京語が標準語ではなく、中国全体で学ばれている普通語があります。
初めての人は、普通後から学ばれるのがお勧めですが、目的があるのであれば、方言を直接学ばれるのも良いでしょう。
普通語は、中国の方に理解できますが、方言が日本人に理解できずコミュニケーションに弊害を与えてしまうためです。
台湾は、北京語と普通語で話されており、台湾に適した中国語の学習を行う場合は、それらを学ぶと良いでしょう。
世界各地に広がっている中国人は、福建省や広東省出身の人々も多く、普通語が理解できない場合もあります。
勉強する際は、一度に複数の方言をそのまま暗記するのも良いかもしれません。

Page Top