前へ
次へ

脳を意識した、中国語の学習方法

中国語を学習するには、脳を意識した内容で行うと、より効果が高まります。日本の教育は、暗記するためのインプットに力を入れる傾向がありますが、大切なのはアウトプットです。アウトプットは、ただ吐き出せば良いのでは無く、必要性があると記憶の価値が高まり、記憶力が高まります。例えば、中国語を学習する際、挨拶したい状況を思い浮かべ、言葉を何度も話す話し方の方が効果が高まりやすくなるのです。脳は、関連する情報に神経が繋がりやすくなります。この仕組みがあるため、人は、連想する力があるのです。中国語の学習においても、言葉を連想させる様に覚えていくのも良いでしょう。語学の学習は、コピーする様に、言葉の文法をそのまま暗記するのはよくありません。日本語の日常会話において、同じ意味でも、様々な言葉を組み立てて、様々な表現で話されているはずです。そのため、言葉を玩具のブロック様に見立てて、同じ意味でも様々な表現で学んでいくのもポイントとして挙げられます。

Page Top