前へ
次へ

中国語の学習は生涯行う

ビジネスで使えるレベルにあたる中国語検定(2級)に挑戦した経験があるのなら、大概、仕事に必要性があるのか、旅行などを楽しみたいのか、という理由でしょう。学習に独学を選ぶことができるのも、アジア圏の私たちだからです。もちろん、生涯学習とした考え方でスタートさせることがおすすめですから、習得するのに時間がかかりますが、セカンドライフで中国について何かしら楽しめるのは確かです。それが旅行であったり、交流であったり、資産運用などを含めた投資でもあります。得意不得意があるからこそ、学習者全員が流暢に中国語を話せるワケではありません。これは語学全般にいえます。だからこそ、根詰める必要はなく、独学で十分です。しかし、最も大事なのは「発音」で、基礎を習得できなければなりません。発音だけなのに難易度があります。使われている音の数が多く、日本語ネイティブでどうやってこの音が出るのか、戸惑うようです。単純に考えてみましょう。中国語発音の完全マスターなど、今は沢山のCDやDVD付き書籍が発売されていますから使えます。

Page Top